PAGETOP

レスポンシブのグリッドレイアウトを作ってくれるスクリプト「Masonry」

jQuery不要!レスポンシブのグリッドレイアウトを作ってくれるスクリプト「Masonry」

複数のボックスをタイル状に並べるグリッドレイアウト。これを、簡単に実装できるスクリプト「Masonry」をご紹介します。
サイズの異なる画像も、できるかぎりすき間がなくなるように自動で整列させてくれます。
レスポンシブなのでスマートフォンにも対応。画面サイズを変更するたびに、アニメーションで整列しなおします。
ライセンスはMit Lisence。

Masonryを使用したサイト例

Masonryを使用したサイト例

http://tympanus.net/Development/GridLoadingEffects/index4.html

使い方

1.スクリプトをダウンロード

スクリプトをダウンロード

http://masonry.desandro.com/

右上の「Download masonry.pkgd.min.js」ボタンからダウンロード。
普通にクリックするとソースがそのまま表示されるので、右クリックでリンク先を保存します。

2.スクリプトを読み込む

保存先のパスに合わせ、headタグ内でスクリプトを読み込みます。

スクリプトをダウンロード

例:


<script src="js/masonry.pkgd.min.js"></script>

3.画像を配置

画像やボックスは、一つひとつ


<div class="item">

で囲みます。
さらに、それらのボックスを

でひとまとめに囲みます。

例:


<div class="js-masonry">
<div class="item"><img src="image/01.jpg"  alt=""/></div>
<div class="item"><img src="image/02.jpg"  alt=""/></div>
<div class="item"><img src="image/03.jpg"  alt=""/></div>
<div class="item"><img src="image/04.jpg"  alt=""/></div>
<div class="item"><img src="image/05.jpg"  alt=""/></div>
</div>

作業はこれだけ。

設置例1

たった数ステップで、きれいに整列できました。
もちろん、テキストボックスも整列できます。

設置例2

■各種オプション

外側のdiv要素に「data-masonry-options」属性を加えてオプションを記述できます。

*columnWidth…
ボックスの横幅を指定できます。”columnWidth”: 200 など。単位はピクセルです。

*itemSelector…
タイル状に並べるボックスのclassを指定すると、そのclassのみが整列の対象になります。
“itemSelector”: “.item”のように、ドットを入れて指定します。

*”isFitWidth”: true…
“isFitWidth”: trueでグリッドを中央寄せにできます。
ただし、この指定に加え、スタイルシートで下記のように外側のdivに対してもセンタリングをする必要があります。


.js-masonry {
  margin: 0 auto 0 auto;
}

■どうしてもすき間ができてしまう!という場合のオススメ対処法

Masonryは、サイズの異なる画像も「できるかぎり」すき間なく並べてくれます。ですが、サイズが合わない部分はすき間が空いてしまいます。
すき間なくきっちり合わせたい場合は、画像サイズとボックスサイズをスタイルシートで指定してしまうという手があります。

例えば、


.item{width:300px;}
.item2{width:100px;}
.item img{width:300px;}
.item2 img{width:100px;}

itemは通常のボックスサイズ、item2はその3分の一のボックスサイズに指定。
itemの画像一枚分に対し、item2が3枚横並びになります。
htmlでこのクラス名を指定すれば、実際の画像のサイズに関係なく、この横幅で出力されるので、きれいに整列することができました。

レスポンシブなグリッドレイアウトを作るスクリプト「Masonry」を紹介しました。多くの企業サイトでも使われている優れたスクリプトなので、ぜひ、使ってみてください。