PAGETOP

写真をかっこいいSVGアニメーションで見せてくれる「Card Expansion Effect with SVG clipPath」

写真をかっこいいSVGアニメーションで見せてくれる「Card Expansion Effect with SVG clipPath」

写真をクリックするとかっこいいポリゴンスタイルのSVGアニメーションを伴って拡大し、コンテンツが開く「Card Expansion Effect with SVG clipPath」。ページ遷移ではなく、元ページの上にコンテンツが広がるようなイメージで、美しい動きをスムーズに楽しむことができます。

「Card Expansion Effect with SVG clipPath」
デモは4タイプあります。
どれもクールなので、ぜひためしてみてください。

ダウンロード

codropsの記事からダウンロードできます。

使い方

デモを元に、使い方を見ていきましょう。

1、cssの読み込み

写真をレイアウトするためのcard.cssと、SVGアニメーションを描画するためのpattern.cssを<head>内で読み込みます。

[HTML]

<head>
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="css/card.css" />
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="css/pattern.css" /> 
</head>

2、スクリプトを読み込む

<body>の閉じタグ直前で、スクリプトを読み込みます。
Card-circle.js とdemo.jsの部分は、デモのタイプによって読み込むスクリプトが違います。
下記はdemo1の場合です。

[HTML]

<script src="js/vendors/trianglify.min.js"></script>
<script src="js/vendors/TweenMax.min.js"></script>
<script src="js/vendors/cash.min.js"></script> 
<script src="js/Card-circle.js"></script>
<script src="js/demo.js"></script>

3、HTMLを記述

最初に配置する写真やクリックした時の円形に切り抜いた写真、最後に配置される拡大写真は、SVGのclipPath要素で切り抜いて描画しています。

[HTML]

<div class="pattern pattern--hidden"></div>
<div class="card">
<div class="card__container card__container--closed">
<svg class="card__image" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" viewBox="0 0 1920 500" preserveAspectRatio="xMidYMid slice">
<defs>
<clipPath id="clipPath1">
<circle class="clip" cx="960" cy="250" r="992"></circle>
</clipPath>
</defs>
<image clip-path="url(#clipPath1)" width="1920" height="500" xlink:href="img/a.jpg"></image>
</svg>
<div class="card__content">
<i class="card__btn-close fa fa-times"></i>
<div class="card__caption">
<h2 class="card__title"><span id="i-4">タイトル</span></h2>
<p class="card__subtitle">サブタイトル</p>
</div>
<div class="card__copy">
<div class="meta">
<img class="meta__avatar" src="img/authors/1.png" alt="author01" />
<span class="meta__author">著者</span>
<span class="meta__date">日付</span>
</div>
<p>テキスト</p>
</div>
</div>
</div>

ダウンロードすると、デモのソース一式が手に入ります。
新しい技術を使って表現されたクールなエフェクトを、ぜひ試してみてください。