PAGETOP

プリズムのようにキラキラと光を反射するエフェクトのスライダー「Prism Effect Slider with Canvas」

プリズムのようにキラキラと光を反射するエフェクトのスライダー「Prism Effect Slider with Canvas」

画像の一部を反射させるプリズム効果が美しいスライダー「Prism Effect Slider with Canvas」。HTML5のカンバスとJavaScriptを使って実装されており、IE9にも対応する優れものです。

エフェクトは3種類あります。

ダイヤモンド

ペンローズの三角形

不可能な四角形

canvasのglobalCompositeOperationプロパティを使用し、画像の上に複数のSVGをマスクとして描画することで、複雑なプリズム効果を生み出しています。

this.context.globalCompositeOperation = 'source-atop';

このプロパティについては、HTML5.jpに詳しく説明されているのでご参照ください。

それでは、このスライダーの使い方をご紹介します。

1、ダウンロード

ダウンロードはこちらから。

2、ファイルを読み込む

CSSを<head>内で、JSを<body>の閉じタグ直前で読み込みます。
最後に読み込むJSはエフェクトの種類によって変わります。ここではダイヤモンド型のJSである「slideshow1.js」を読み込んでいます。

[HTML]

<head> 
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="css/component.css">
 </head> 
<body data-rsssl=1>
<!--
コンテンツ
-->
<script src="js/utils/rAF.js"></script>
 <script src="js/utils/easing.js"></script>
 <script src="js/PrismSlider.js"></script> 
<script src="js/slideshow1.js"></script> 
</body>

3、コンテンツ部分を記述

スライダーは、マスク用のSVGと画像を羅列するだけのシンプルなコードです。
これを、cacheクラスで囲みます。

<div class="cache">
<!-- masks --> 
<img src="img/masks/prism-a.svg">
<img src="img/masks/prism-b.svg">
<img src="img/masks/prism-c.svg">
<!-- photos -->
<img src="img/bird-a.jpg">
<img src="img/bird-b.jpg">
<img src="img/bird-c.jpg">
<img src="img/bird-d.jpg">
</div> 

4、ナビゲーション部分を記述

ナビゲーションもとてもシンプル。
下記の5行のコードをスライダーの後に追加します。

[HTML]

<div class="wrapper">
<div class="prism-slider">
<ul class="navigation"></ul>
</div>
</div>

以上で出来上がりです。簡単ですね。
画像をよりアーティスティックに、美しく見せてくれる「Prism Effect Slider with Canvas」。ブラウザ対応の幅が広いので、実用的だと思います。
興味があれば、ぜひ試してみてください。