無料で使える!レスポンシブ対応のWordPressテーマ2015年版

無料で使える!レスポンシブ対応のWordPressテーマ2015年版

検索結果のランキングを決定する基準の一つとして、Googleが採用を始めたスマホ対応。SEOの観点から考えても、今後はますますストレス無くスマホで閲覧できるサイト制作が必要となってきます。
そこで今回は、レスポンシブに対応したモバイルフレンドリーなWordPressのテーマ2015年版をご紹介します。
全て無料、デザインやユーザビリティにも優れているので、ぜひチェックしてみてください。

1.Zerif Lite

コーポレートサイトをはじめ、ポートフォリオや個人のお店にもピッタリのテーマ。プロフィールや写真付きの説明文など、シンプルながら必要なパーツは揃っているので、すぐにサイトが欲しい、という方におすすめです。

2.Unite

Bootstrap3で制作されたテーマで、ギャラリーやショップ機能も搭載された優れもの。また、アコーディオンやタブ、リスト、ボタンなどのショートコードも用意されており、必要に応じて自由に設置できるのが魅力です。

3.Gridsby

ギャラリーサイトやポートフォリオサイトなどに最適なグリッドデザインのテーマ。ブラウザ幅に応じて写真がきれいに整列します。メニューは左側からスライドで出てくるタイプ。こちらも、アコーディオンやギャラリー、ビデオの埋め込みなど12種のパーツのショートコードが用意されています。

4.RADCLIFFE

画面幅いっぱいに表示される写真と、美しいタイポグラフィが印象的なブログテーマ。シンプルで読みやすく、スマートフォンでも高いデザイン性と視読性を保ちます。また、オリジナルのロゴを使えたり、アクセントカラーを変更できたりと、カスタマイズ性にも優れています。

5.Minimal-mag

Webマガジンなどの情報系サイトにピッタリのテーマです。新着記事のタイトル表示やホバーエフェクト、タブなどの各機能も豊富。上部のブラウザアイコンをクリックすると、それぞれの端末でのプレビューを確認できます。

また、ドロップダウンメニューを切り替えると、他のテーマも見ることができます。

6.Bearded.

カートやユーザーレビュー機能を備えたe-コマース用のテーマです。加えて、トップページのスライドショーやギャラリー、ブログ機能も付いて完全無料はうれしいですね。

7.AUBERGE

CSS3アニメーションもデザインも、洗練された印象のテーマ。食事メニューを載せる部分があったり、メイン画像のすぐ下に営業時間を入れられたりと、レストランやカフェに使いやすいコンテンツが揃っています。

8.PULTON

パララックス効果を用いたテーマで、ほぼ全ての情報が縦スクロールの1枚ページに収まっています。ホバーエフェクトなどの細かな技にも優れていて、プロらしいデザインを手軽に利用することができます。

WordPressのテーマは日々進化し続けているので、最新の技術をとりいれたWeb制作を効率的に進めることができます。
カスタマイズにはPHPやJavaScript等の知識も必要になることがありますが、管理画面のみでも簡単なカスタマイズが可能ですので、短期間でのWeb制作にぜひ使ってみてください。